ホーム > 自然素材の家「雨楽な家」とは > 「構造」が生む快適な住空間

「構造」が生む快適な住空間

「真壁造り」の構造美に、心を奪われる

「雨楽の家」は、木造軸組工法(在来工法)と「真壁造り」を採用しています。真壁造りとは、和風建築によく用いられる壁の施工方法で、日本の伝統的な建築様式の一つです。構造材である柱や梁などの軸組を露出させ、その柱や梁の間に壁を入れるというもので、柱を壁で覆い隠す「大壁造り」と異なり、目に見える構造体の集合が、広い住空間を美しく演出します。
その姿がいちばん映えるのは、上棟時。柱と梁、桁が整然と立ち並ぶ、計算しつくされた合理性と絶妙の力学的バランス。長年の家づくりの知恵とノウハウがこめられた構造美は、まさに日本の家の真髄といえるものです。

開放感あふれる空間づくり

多彩な空間設計も、「雨楽な家」の魅力の一つです。
例えば、梁を井桁に組み、天井を除いた吹き抜け空間は、窓を通して降り注ぐ光の模様や、吹き抜けならではのゆとりをスペース全体に与えます。また、屋根形状を生かした勾配天井で高さのコントラストを楽しむ家など、プランニングは自在です。
視界が垂直方向に伸びる心地よさ。水平方向へどこまでも続く広がり。晴れ晴れとした見通しの美学。考え抜かれた柱と梁と開口部。空気が行き来する屋根裏の開放感。
自然に包まれ、空間と語る、それが自然素材の家「雨楽の家」です。

多湿な日本に最適の家

四季に応じて温度や湿度の変化が大きい日本にあって、通気性や調湿機能は、心地良い住まいに欠かせない重要ポイントです。
自然素材住宅「雨楽な家」は、田の字型のシンプルな間取りに、引戸と大開口を設ける形を基本としています。これにより、採光と通風に配慮した、気持ちいい大空間を生み出しています。部屋全体を取り囲む自然素材が供える調湿機能も相まって、高温多湿な日本の気候にも適した、心地良い住環境が実現できるのです。

土間のある楽しい暮らし

古来、日本の住まいは土間の床が一般的でした。格式の高い座敷と異なり、下足のままで自由に使える、暮らしに密着した活動的なスペースとして重宝されてきました。
日本家屋の良さを受け継ぐ「雨楽な家」は、土間の玄関が標準仕様です。玄関ホールや廊下をなくし、田の字型のオープンな間取りにすることで、大きな土間玄関を可能にしています。
夏は涼しく、冬も適度な湿気があり、一年じゅう心地良い土間スペースは、テラスリビング、ガレージハウス、趣味の工房や展示スペース、子どもの遊び場など、多種多様な活かし方があります。
懐かしい故郷の味わいと、独特の快適さを体感してください。

天井の高低差が生む「屋根裏部屋」の魅力

快適な住まいづくりに欠かせない、断熱工事。通常は2階に天井を張り、その裏側に断熱材を敷き込みますが、「雨楽な家」では、断熱材を屋根の屋外側に施工し、その上に屋根材を葺く工法をとっています。断熱性や遮熱性、防露性に優れているだけでなく、2階の室内に断熱材が露出しないため、天井を貼る必要がありません。傾斜屋根の勾配がそのまま現れ、ダイナミックな天井の高低差が、開放感や空間設計の面白さを生み出します。

価値ある省コスト住宅を建てるポイント

国産の無垢にこだわる自然の恵みと暮らす家「構造」が生む快適な住空間 価値のある省コストを実現した家安心の住宅性能と保証制度「雨楽な家」標準仕様 「雨楽な家」プラン例はこちら
メール会員様には、公的住宅補助金の情報や当社のイベント情報などを不定期にメールでお届けします。

「同じ坪数で価格が下がるコツとは?」「効果的にコストを下げる間取りのコツ」「内装材、外装材の選び方でここまで下がる!」など、本にすると1500円相当の家作りの省コスト情報が満載!今なら、メール会員ご登録の方に無料で提供します。無料で提供している理由は、100人に1人ぐらいの方とご縁があればうれしいからです。もちろん会員登録は無料。退会もワンクリックで簡単にできます。お気軽にご登録ください。

お名前 (例:和田)
メール