ホーム > 自然素材の家「雨楽な家」とは > 自然の恵みと暮らす家

自然の恵みと暮らす家

土に還る、本物の自然素材

自然素材の家「雨楽な家」は、無垢の木、漆喰、和紙など、日本建築の伝統や美意識を受け継いだ、土に還る本物の自然素材で作りました。可能な限り化学物質を排除した、シックハウスと無縁の健康住宅です。「雨楽な家」がもたらす自然の恵みによって、あなたやご家族の暮らしが、より一層の幸せに満たされることを、心より願っています。

檜

香り高く美しい桧の木材は、日本では最高品質の建材とされています。正しく使われたヒノキの建築では、千年を超える寿命を保つものがあるほどです。材質が緻密で狂いが少なく、強靱で耐久性に優れ、色つや、光沢が美しく、芳しく、年月とともに味わいを深めていきます。
また、桧は、伐採されて柱や土台に生まれ変わっても、木の香り成分・フィトンチッドを発散し続けます。フィトンチッドには、シロアリの発生やカビ、ダニの増殖を抑える働きもあります。

杉

杉は調湿性や断熱性が高く、温もりがあり、肌ざわりの良いな素材です。また、杉の名の由来は「直木(真直ぐの木)」から来ていると言われ、割裂性が良く、角材から板材まで様々な形を作ることができるため、古くから重要な木材として重宝されてきました。樽やおひつなどの日用品をはじめ、日本家屋の外壁材、戸板や塀、障子の桟なども杉製のものが一般的でした。
今日も、構造材に造作材に幅広く用いられている、日本人にとって最も身近な木材と言えます。

漆喰

漆喰とは、石灰岩を焼いてできた生石灰を水和反応させた消石灰に、糊とスサを混ぜて水で練った自然素材です。内外壁の上塗りや、瓦や石材の接着、目地の充填などに使われます。漆喰壁は防火性、耐久性に優れ、吸放湿性が高いので、良好な室内環境を保ち続けます。
漆喰壁というと「古い」「高価だ」というイメージを持つ方がいますが、左官職人の腕一つでざっくりと味のあるテクスチャーを表現できますし、磨きや押さえをかけず荒く仕上げれば省コストも可能です。自然素材ならでは肌感を体験してください。

和紙

「雨楽な家」は、天井や建具に和紙を用いています。その素朴で上品な色気やぬくもりは、住む人の心を落ち着かせ、和ませてくれます。美しい色づかいができるのも魅力です。
また、和紙は洋紙に比べて格段に繊維が長いため、薄くとも強靭で寿命が比較的長く、独特の風合いがあります。その他、湿気を吸放湿する調湿力、光の乱反射による調光力、繊維の隙間の空気層による保温力、音を分散する吸音力など、内装材として優れた機能を多く持っています。

いぶき瓦

瓦は、耐久性・断熱性・吸放湿性・美観などを合わせ持つ、優れた素材です。瓦の原料は良質の粘土ですから有害物質を含まない自然素材。自然の猛威にさらされながら、高い耐久性を発揮し続けます。中でも日本建築の屋根に多く見られるいぶし瓦は、渋い銀色の光沢と清楚な美しさは、我が国の風土に根ざした深い味わいと伝統の確かさを感じさせます。日本の建築美の象徴ともいえるいぶし瓦を、「雨楽の家」では標準採用しています。

価値ある省コスト住宅を建てるポイント

国産の無垢にこだわる自然の恵みと暮らす家「構造」が生む快適な住空間 価値のある省コストを実現した家安心の住宅性能と保証制度「雨楽な家」標準仕様 「雨楽な家」プラン例はこちら
メール会員様には、公的住宅補助金の情報や当社のイベント情報などを不定期にメールでお届けします。

「同じ坪数で価格が下がるコツとは?」「効果的にコストを下げる間取りのコツ」「内装材、外装材の選び方でここまで下がる!」など、本にすると1500円相当の家作りの省コスト情報が満載!今なら、メール会員ご登録の方に無料で提供します。無料で提供している理由は、100人に1人ぐらいの方とご縁があればうれしいからです。もちろん会員登録は無料。退会もワンクリックで簡単にできます。お気軽にご登録ください。

お名前 (例:和田)
メール