ホーム > やっぱり良い自然素材の家 > 本物の家づくりを求めて

本物の家づくりを求めて

住宅メーカーの真似は、間違いだった

私が子どもの頃は、木造の家が良い、なんて思いもしませんでした。当時は、木の家に住むことが当たり前でしたから。

やがて私も大人になり、住宅の仕事をするようになります。その頃には住宅技術の発達、建材の工業化が進み、住宅メーカー各社は、ビニールクロスや合板を使う安定した品質の家を作り続けていました。
私もまた、当たり前のように彼らのやり方を踏襲しながら、高品質のメーカーの家に近づき、追い越そうと頑張ってきました。

しかし、そんな家を建築すればするほど、年を追うごとに、家づくりに疑問を持つようになったのです。「本物の家づくりとは、何だろうか?」
家族が一堂に集い、語らえる家。心に癒しや安らぎを与える家。どこか懐かしく、住むほどに愛着がわく家。健康に暮らせる家……。
真っ先に思い浮かんだのは、私が長らく住んでいた、昔ながらの木の家でした。

自然素材の家でいっぱいにしたい

新建材で作られ、丈夫で安定供給できるのも良い。だけど今、家を作り続け、家を知り尽くした者として、私自身が心から住みたいと思える家、家族に住んでほしいと思える家を建てたい。子どもたちが健康に、安心して暮らせる住宅を建てたい。この気持ちを抑えられなくなりました。
「これまでのように、住宅メーカーと同じことをやっていては、そんな家は建てられない」
いつか、本物の自然素材住宅を作りたい。私はそう心に決めたのです。

"自然素材の家は、高い"それが多くのお客様の、自然素材への印象でした。
だから私にとって、手の届く価格で建てられる、というのは大前提。もちろん、品質にもこだわらねばなりません。そんな時に出会ったのが「雨楽な家」です。

「雨楽な家」の提供者は、家づくりに熱い想いを持っておられました。さらに、国産の建材を安価で仕入れるなど、安定した品質の自然素材住宅を、手頃な価格で建てる「仕組み」作りをされています。私もここで、本気で取り組もう、と思えたのです。

この奈良の地に、自然素材の家が大いに広まり、健康に生き生きと暮らす人たちの笑顔でいっぱいになることを願ってやみません。

株式会社和田工務店 和田 欣也

私たちが、自然素材の家をおすすめする理由

メール会員様には、公的住宅補助金の情報や当社のイベント情報などを不定期にメールでお届けします。

「同じ坪数で価格が下がるコツとは?」「効果的にコストを下げる間取りのコツ」「内装材、外装材の選び方でここまで下がる!」など、本にすると1500円相当の家作りの省コスト情報が満載!今なら、メール会員ご登録の方に無料で提供します。無料で提供している理由は、100人に1人ぐらいの方とご縁があればうれしいからです。もちろん会員登録は無料。退会もワンクリックで簡単にできます。お気軽にご登録ください。

お名前 (例:和田)
メール