ホーム > 安心の家づくり講座 > 失敗できない資金計画

失敗できない資金計画

無理のない、毎月の返済金額で押し切る

資金計画で、単純ですが最も大事なこと、それは「無理をしない」ことです。
現在は住宅ローンにも様々な商品があり、お客様にとっての選択肢は多くなっていますが、とにかく第一に考えるべきは、家計に無理のかからない、毎月の返済金額。そして、決めた予算は何が何でも動かさないことです。
一生に一度の家づくり、少しでも良い家にしたい思いはよく分かります。また、住宅会社にとっては、予算金額が高ければ高いほど、いろんな提案ができ、高額の契約が取れるわけですから、いろいろなことを言ってくるでしょう。しかし、目先のことに気を取られ、予算オーバーで家を建ててしまうことだけは避けたいものです。将来には、子どもの養育費や不測の出費、病気や怪我の医療費もあります。日常生活を切り詰めるだけならまだしも、住宅ローン破産の憂き目にあわないとも限りません。資金計画には十分注意してください。

工事費以外にも、お金はかかります

住宅を建築するには、建物の建築工事費だけでなく、付帯工事費や諸費用が発生します。これらの費用は、住宅計画地の状況によって変わります。そして通常、広告などでうたわれる価格(坪単価)には含まれませんので注意してください。
・総予算-付帯工事費-諸費用= 住宅建築費
付帯工事費や諸費用の、代表的なものを以下にあげました。これらを概算した上で予算を考えれば、適正な「あなたが建築可能な坪単価」を逆算でき、無理のない資金計画を立てることができると思います。

付帯工事費(これが全てではありません)
解体費用 計画地に建っている建物の解体撤去費
給水本管引き込み工事 道路から給水管の引き込みがない場合の必要な工事
屋外給排水工事 給水本管から建物まで給排水管引き込み工事
外構工事費 カーポートや表札などの外回り工事
地盤改良工事費 地盤が軟弱で地盤を固くするために行う改良工事
照明器具 照明器具の購入費
カーテン購入費 窓の数だけカーテンやレールを購入する費用
諸経費(これが全てではありません)
印紙税 売買契約書、建築請負契約書、ローン契約書に必要な印紙代
融資保証料 保証人を立てないで保証会社に保証人になってもらう場合の費用
融資関係手数料 金融機関への融資事務手数料。各金融機関で必要になる
登記費用 登録免許税や登記手続きをする際の費用
不動産取得税 土地、建物を取得した際の地方税。固定資産税評価額の3%
火災保険料 住宅ローンのお借り入れにあたり、建物にかける保険料
不動産仲介手数料 土地購入で不動産仲介会社を利用する場合の手数料。価格の最大3%+6万円。税別
水道加入金 土地と住宅の購入時にかかる場合が多い費用
引越し費用 引越しの費用
その他購入費 耐久消費財購入費、生活関連用品などの購入費

敷地調査で、今から将来の資金計画を

もしあなたが、おぼろげにでも住宅の購入をお考えならば、それが数年後のことであっても、先に敷地調査を行い、上記の付帯工事費や諸費用の概算をしておくことをおすすめします。そして無理のない建築予算を逆算し、そこに向かって自己資金を貯めたり、住宅会社を検討したりするのが賢い方法です。
当社は、無料で敷地調査を承りますので、どうぞご遠慮なく、お気軽にご相談ください。もちろん、付帯工事費や諸費用の見積も致します。将来の住宅計画にお役立て頂ければ幸いです。そして願わくば、将来、住宅計画がスタートした時には、検討中の一社の中に入れて頂ければ、これ以上のことはありません。ぜひ、あなたの夢をかなえる、お手伝いをさせてください。

価値ある省コスト住宅を建てるポイント

未来を見据えたプラン設計建築業者を選び抜く失敗できない資金計画 大切な建築スケジュール
メール会員様には、公的住宅補助金の情報や当社のイベント情報などを不定期にメールでお届けします。

「同じ坪数で価格が下がるコツとは?」「効果的にコストを下げる間取りのコツ」「内装材、外装材の選び方でここまで下がる!」など、本にすると1500円相当の家作りの省コスト情報が満載!今なら、メール会員ご登録の方に無料で提供します。無料で提供している理由は、100人に1人ぐらいの方とご縁があればうれしいからです。もちろん会員登録は無料。退会もワンクリックで簡単にできます。お気軽にご登録ください。

お名前 (例:和田)
メール